貧困女子

貧困女子のリアル

 

 

 

 

 

という本が目に留まり、

 

 

 

 

 

試し読みをしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

何故か自分に自信がもてない自分を

 

最近ずっと自己分析中で

 

 

 

 

 

 

 

ああ、私、ずっと貧困を味わってきていたなあと思い出しました。

 

 

 

 

 

 

ほんのつい最近まで、

 

ずっと、ずっと、

 

 

私は貧困の中にいましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今もまだ、完全に貧困から

心が抜けきれていないですけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買い物しすぎる癖、

 

苦しい人間関係、

 

部屋にあった不要なものの数々の処分を

段々していっていて、

 

 

今は超貧困時代を生きていた頃と比べると

 

楽ですね。

 

 

身体も心も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう泣いてませんし、

体中に痛みがあって、

動けなくなるなんてこともありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実家にいた間、

ずっと貧困でしたね。

 

 

 

 

貧しい家庭ではなかったのですが、

 

 

私は、いろいろとうまくやれなかったので、

 

 

 

貧困の中で、ひたすらもがいていましたね。

 

 

 

 

 

 

10年ちょっとを。

 

 

 

 

 

 

 

 

実家を出て、

1年間のリゾートバイトでは、

きっちり貧困を繰り返してしまいました。

 

 

 

 

 

 

で、その反省もあり、

 

 

今は、ようやく、

貧困でなくなりつつありますね。

 

 

 

 

 

 

さすがに30代になり、

 

このままでは、

私は本当にまずい、

生きていくことが辛いままではいけないと思ったことが

功を奏したのか。

 

 

 

 

 

まだ不安もありますけどね。

 

 

 

派遣でどこにいっても、

 

なんとかやっていけてますしね。

 

 

 

 

 

 

 

でも、この派遣を選び続けていることが、自信のなさを覆い隠していることにも気がついていて、

 

 

そろそろ、

どこかに落ちつきたい気持ちと、

もう少しふらふらしたい気持ちが

 

行ったり来たり。

 

 

 

 

 

 

 

う〜ん。

 

 

私には貯金も、貯金習慣も必要だけど、

 

 

仕事で自信をつけないと

だめみたいだな。