中国語の勉強

勉強というか

 

 

 

 

 

すきな時に

 

 

 

 

 

 

発音とか

 

単語の意味とか

 

聞き流したり

 

 

 

発音してみたり、

 

 

 

 

ネイティブの友人たちに

 

録音を聞いてもらったり、

 

 

 

まだ入り口の入り口。

 

 

 

 

 

 

なんだけど、

 

 

 

 

やっぱり行ってみたいよね。

 

 

 

 

 

 

 

台湾の友人たちが

声を揃えて

 

 

 

 

 

 

花蓮はいいよ

 

というので

 

 

 

 

 

 

 

花蓮に行きたい。

 

 

 

 

 

中国語は

仕事で使えたら、すごくいいだろうなと思う。

 

 

 

 

 

大体日本語が話せる人が

1人は来ていることが多いけど

 

 

 

 

 

中には、一人もわからない…

というパターンもある。

 

 

 

 

よくここに来れたね…

 

と思う。

 

 

 

 

 

 

 

そんなとき

 

你好 歡迎光臨。

ニーハオ ファンイン グァンリン

 

と、言えたら、

 

 

違うような気がする。

 

 

 

 

 

 

異国にきて、

 

こんにちは、いらっしゃいませ

と言われたら嬉しいよね。

 

 

 

 

 

 

私は12年前、

アメリカのディズニーランドで

 

 

 

「ディズニーダラー プリーズ」

と、ディズニー内で使えるミッキー柄のドル札を購入してみたかったので、

売り子の女性に言った時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっしっとされて、終了したという

 

 

悲しい思い出がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

今でこそ、接客業をしているけれど

 

 

私はあがり症のコミュ障、

吃音も少しあったかな。

 

 

 

 

そんな私が勇気を振り絞って言った言葉は

 

 

 

 

 

スルーで、悔しかった。

 

 

 

 

 

 

今は絵を指差したり、

もっと伝えたい!って前のめりに出来るかもしれない。

 

 

 

 

 

 

伝えたい気持ちって大事。

 

 

 

 

 

あと、日本人は英語と中国語がわからなくても、

 

 

一生懸命、日本語で相手に伝えようとする。

 

 

そういう姿勢があるから、

相手もなんか伝わる。

 

 

 

 

そういうのっていいよね。

 

 

 

 

 

と、いうわけで、

 

発音が通じる言葉を増やし中。

 

 

実際、お客さん相手の時

 

出てこないんだから、もう。