tsuyokunalu’s diary

生き方模索中!

感情の置き方

私の場合は

 

腸だったり、胃だったりに

痛みがあるのですが

 

 

 

 

ここのところ。

 

1ヶ月前あたりから。

 

 

 

 

 

 

 

よく職場である、

 

だれだれさん、使えない

(主に男性役職者)

 

とか

 

だれだれさん、苦手

(主に同性)

 

とか

 

 

あるじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身体に痛みがあるときってね、

 

 

 

 

 

 

他人とのあれこれは

心から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでもいいの。

 

 

 

 

 

 

 

それどころじゃあ、ないの。

 

 

 

 

 

 

痛みに耐えてたり、

 

楽な姿勢を探していたり、

 

 

自分の身体を客観視している間は

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のことで感情がまとまるんです。

 

 

 

 

 

 

 

だからね、

 

 

身体に痛みがないときでも、

 

 

今の感情のおさまりを忘れず

 

 

 

 

 

 

だれだれさんの

どうでもいい話をしないに限るなと。

 

 

 

 

 

 

 

だれだれさんの基準が

 

私に当てはまらずに

 

 

苦しい時は

 

 

心が痛い。

 

 

 

 

 

 

そうなんだけど、

 

 

 

問題はそこじゃない。

 

 

 

 

 

 

自分の身体に痛みがあるときは、

 

 

それに反応していられないということは

 

 

 

だれだれさんの基準に

いちいち反応して

 

傷つかなくていいんじゃないか

 

 

と思うんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思えば、こういう風に思うように

なっていた今年の秋には、

 

 

 

 

 

 

 

わかってきていたのかな。